サックスの種類は沢山ある?!主な三種類!

ソプラノ・サックスとは?!

サックスの中でも、割と高めの音域を奏でることが出来るサックスです。ポップな曲のアドリブソロなどでは目立つ音なのでとても活躍するでしょう。吹奏楽ではあまり使われることがなく楽譜が用意されていないこともありますが、吹奏楽以外の小編成のバンドではリーダー的な存在となることが多い楽器です。特にサックスアンサンブルなどの時には、トップパートを担当します。そのためメロディー部分を吹くことが多いので、割と演奏しやすいと言えるでしょう。

アルト・サックスとは?!

サックスといえば思い浮かべられることが多く、使用している人も多いのがアルト・サックスです。吹奏楽で使われることが多く、安定した音色が評価されています。また、吹く時の息の量も無理せず吹くことができ、バランスが取れている楽器と言えるでしょう。世界のクラッシックやサックスアンサンブルでは不動の位置にある楽器と言えます。音大で行われている実技試験やサックスの個人レッスンなどでも使用されていることが多い楽器です。

テナー・サックスとは?!

テナー・サックスはジャズの演奏においてアルトサックスと共に欠かせない楽器と言えるでしょう。また、演奏や歌謡曲を演奏する際には、アルトサックスよりも活躍することがあります。サックスアンサンブルや吹奏楽、オーケストラでも使用されることがあり、多様面で使用されるサックスです。演奏している人の性格や個性が出やすい楽器で、肉声的な感情がこもっているような音を響かせる楽器なので、演奏者の感情を表現しやすいのでしょう。

サックスとはサクソフォーンの略称で、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンと、出したい音程により大きさが違うものがあります。オーケストラや吹奏楽はもちろんのこと、ジャズの演奏にも欠かせない楽器です。