実はお得!?意外と知らない車検の通し方3選!

ディーラーや中古車販売店に依頼する

最も一般的で利用する人が多い車検の委託先は、何と言っても自動車販売店等のしっかりとした自動車整備工場を備えているところではないでしょうか。基本的に二年に一度受験しなければならない自動車検査ですが、こういった整備工場を併設した自動車販売店の車検は高額になりがちだとされています。それもそのはず、理由としては車検の費用とプラスしっかりとした整備を行っているからです。なかなか自分で点検は出来い分、しっかりとした点検をして欲しい方にはベストな選択だといえます。

車検代行業者に依頼する

自動車検査は車検代行業者に依頼する事ができます。自動車検査は最寄の陸運局で受験できるのですが、それを変わりに受験してくるのが車検代行業者です。車検代行業者を利用すれば、整備費用は一切かからず車検の基本費用と代行費用だけですので、自動車販売店の車検費用に比べて格安となっています。しかし、自動車が保安基準に適合せずに検査に合格できなければ、結局整備費用もかかりますので、この点は注意が必要です。かなり年式の古い車などは特に注意が必要です。

自分で受験するユーザー車検を利用する

あまり知られていませんが、自動車検査は自動車業界の人だけが受験できるものではなく、全国の陸運局に行けば一般の方でも車検を受験をできるのです。この場合、自動車検査の費用は自動車重量税と自賠責保険料と受験手数料だけでいいので、原価で車検を受験出来ます。車検を最も安く通す方法はこのユーザー車検と呼ばれる方法を利用して、自分で車検を受験する事です。車の知識が全く無くても、車検はオートメーション化されていますので、簡単に受験出来ます。ただ、保安基準に適合していないともちろん検査には合格できません。

車を所有していると避けて通れないのが車検です。けっこうな額がするのですが陸運局に自ら行くという選択肢もありますし、やはり今までどおり頼むというのもあります、時間をとるのかお金を取るのかになります。